広告 筆者の詩・短歌

詩「想い、光年先から」

想い 忘れた頃に
届く 時空を超えて
想い 儚き夢は
届く 必ず届く

宵の果て 最の果て
巡り巡って 星の駅
光年先から 君の町まで

Star 叶える日まで
流る 流る 何度でも
Star 銀河の海を
漕いで 漕いで いつか辿り着くから

想い 形を変えて
届く 眠れぬ夜に
想い 飽くなき夢に
届く 答えが届く

遠のいて 近づいて
廻り廻って 幾星霜
光年先から 君の胸まで

Star 出会える日まで
目指す 目指す いつまでも
Star 銀河の海を
漕いで 漕いで いつか辿り着くから

Star 見える光は
ずっと ずっと 昔から
Star 宇宙の隅で
君の 声を ずっと聞いていたんだ

Star 叶える日まで
流る 流る 何度でも
Star 銀河の海を
漕いで 漕いで いつか辿り着くから

君の 声に 応えに来たんだよ

-筆者の詩・短歌
-, , , , , , , , ,