筆者の詩・短歌

詩「中心」

木々を薙ぎ倒すほどの

強烈な心のブレを感じ

何度も何度もその刃を

懐にしまおうとふんばり続けてきた

我が身を案じるどころか

マゾヒストのように痛ぶり続ける毎日

あたりおかまいなしに暴れ回る様相は

さながら台風のようである

私はこれほどまでに乱暴なのか

私はこれほどまでに凶暴なのか

ふとひび割れた外壁の隙間から

内側に潜む闇を覗き見てみた

驚くことに

中はいたって静寂の世界だった

外側とは格段に違った平穏な空間が

嵐がおさまるのを今か今かと待ち侘びていたのだ

我々は中心を知らねばならない

我々は中心を見なければならない

この世の主人公になるも脇役になるも

すべては中心を知る者の手の中にあるのだから

望んでもいない悪役になる必要など

決してないのだから

-筆者の詩・短歌