”物々交換”についての僕のアイデアを聞いてください

MAGUMAです。

 

お金さえあれば、やりたいことはなんでも実現できるのになぁ……

 

なんてこと、考えたことはありませんか?

もちろん、僕もその一人。お金ほしい〜っていつも思ってます。

 

っていうか!そもそもお金ってなんなのか?

ふと気になったので軽〜く歴史を調べてみたら、

僕らはもともと「物々交換」で欲しいモノを得ていたそうな。

 

例えば、海の漁師が「魚はあるけど肉がないなぁ」と悩んでいた。

そこで、山の猟師が「なら、俺が肉をやるから、代わりに魚をくれよ」

交換を持ちかけ、等価交換によって、その日その日に必要なものを手に入れていました。

 

この物々交換、実は現代でもみんな無意識で利用していたりするのですが、

ビジネスにはお金が付き物なので、本格的な取引の場では当然ながらあまり聞きません。

 

でも、僕は考えるわけです。

 

人によって多種多様な技術的価値を持っている現代社会において、

お金を隔てず、スキルとスキルの物々交換で助け合えたら幸せになるのではないか?と……

 

物々交換……バーターというモノを利用した夢の実現の場を作れないか?

そして、僕の持っている技術で、求めている技術を手に入れられるのか?

 

僕は、この制度を正式に甦らせることによって、人類間の調和と和合を

見つめ直せるのではないかと考えています。

 

後半は、そんな僕の考えたアイデアの公開と共に、

自分の持っているスキルとウィッシュリスト(欲しいスキル)を

実験的に開示してみようと思います。

 


1.お金に操られる人間たち

物々交換の歴史をうすらぼんやり知っていた僕は、

この文化ってめちゃめちゃいいやん!なんでなくなったんやろ? 

って思っていました。しかしよくよく考えたら、その時代に交換していたものは

時間が経てば価値が下がっていくものばかりでした(鮮度が命!な食べ物等々……)

 

欲しい時に欲しい物があるとは限らない、

如何にして、効率よく価値を保ち続けられるのか?

当時の偉い人たちは考えに考え抜きました。

 

そこで、腐ることも朽ちることもない、半永久的に価値を保ち続けられるもの

みんな大好き「お金」というものが誕生したわけです。

 

お金の姿形、歴史については今回のテーマに関係ないので割愛しますが、

この貨幣経済の始まりによって、世界は大きく変化しました。

もちろん、劇的に良くなった面もあります。が、一方では、

インターネットの壁とはまた違って、

もう少しタチの悪い意識を人類に植え付けてしまった。

 

それは、お金と人の同一化です。

 

お金持ちが偉い。信頼するならお金持ち。

人本来の価値よりも、お金を持っているかどうかで測られるようになった。

それに付随して、価値はだんだんと数値化されてゆき、学歴、職歴などに発展。

いよいよ住んでいる場所までもが判断基準とされ始め、気持ちの部分が無視され始めた。

 

関連記事:どうして見えないモノに価値がつき始めたのか?

 

お金こそが豊かさの証であるかのように広まった貨幣経済。

それと同様に、お金が引き起こす問題も次第に増幅していきます。

 

でも、お金というもの、貨幣経済というものを完全になくすことはできない。

ん〜どうすればいいかなぁ〜……

そういった「なんで?」が、僕に物々交換という鍵を思い起こさせたのです。

 


2.スキルの物々交換サイトの設立

さぁ、ここで僕のアイデアを公開します。

頭の中にはあるんですが、実現できる仲間がいないので、

得意な方は僕までメールください(笑)

 

貨幣経済とのバランスを取るには、

まずは、お金が絶対的な存在でないことを理解することが大切です。

確かに必要なものではありますが、それを自分や人と同一化してしまうことが、

あらゆる問題の原因となっている気がしてならないからです。

 

しかし、一人ひとり生活もあるし、

今のところはまだお金は必要不可欠なので、

「お金のいらない生活」はなかなか難しい。

 

そこで僕は、物々交換を使って、

”ウォーミングアップ”ならできるのではないか?と考えました。

 

そもそも、物々交換は物だけに限る必要はありません。

動画制作、イラスト、などのスキルの交換だってできるはずです。

特に今は、オンラインサロンなどを通じて、

同じ志を持つ者同士が繋がりやすくなっている時代です。

 

共通の目的のために、お互いのスキルを交換し合うことができれば、

心豊かに向上していくことができると思うんです。

小さな地域であれば、クチコミで楽しくバーター文化をお試しできるかもしれない。

でも、自分から言い出すのはなかなか怖いですよね。

 

そこで僕が考えたのは、

物々交換を求めている人同士をマッチングする

スキルバーターサイト(仮名)」(ネーミング募集中)

 

ココナラやクラウドソーシングのような

ビジネスマッチングの物々交換所Var.です。

 

そこには様々なスキルが集まってきます。

投稿主は、ウィッシュリスト(欲しいスキル)と

自信の持っているスキル(提供できるスキル)

それらを可視化できるポートフォリオ(サンプル)を記載する。

そしてそのスキルを持っている人は、同じくポートフォリオを提示し、

お互い合意が取れたところでマッチング成立となります。

 


 

欲しいスキル

・動画制作

・イラストレーター

 

提供できるスキル

・文章制作

・広告宣伝

 


 

暫定ですが、上記のような投稿をしていくわけです。

 

ここでポイントなのは、必ずポートフォリオを可視化するということ。

そうすることによって、お金ではなく、能力を見られるようになります。

 

能力値の高い人はようやく日の目を浴び、

乏しい人は自信の能力と向き合う機会を得る。

 

一見、とても厳しい世界を示しているようですが、

これは自分自身としっかり向き合う機会を得られるシステムだと思います。

 

人には必ず何らかの特技が備わっているので、

その力の早期発見に役立てるツールとしても機能するのではないでしょうか。

貨幣経済という概念はそう簡単には拭えません。だからまずは同じ意識の持ち主同士で

取引ができる媒体を作り、ウォーミングアップとして利用していく。

そして、次第にその輪が広がれば、お金以外の突破口が見つかると思うのです。

 


3.お金が必要な場所とそうでない場所

どちらか一方に偏ると必ず問題が生じます。

お金に頼るとお金が必要な場所でしか生きていけないし、

実際、今はまだお金!お金!な世の中なので、なかなか生き辛い社会になっています。

 

実はお金と能力ってなかなか結びつかなくて苦労している人がほとんどです。

生活はおろか、能力と金額が見合わず、それが自分の価値だと勘違いをして、

自己肯定感まで下がってしまう。

 

そこでしか豊かさを見出せなくなると、

本当の幸せを逃してしまうことになりかねません。

それはあまりにももったいないことだと思うのです。

 

でも、この物々交換を正式に再開することによって、

少しずつ、お金が必要な場所とそうではない場所が分別され、

もっと気楽に生きれて、やりたいことを実現できる世の中になるのではないでしょうか。

 


4.まとめとMAGUMAと物々交換!

 

この「スキルバーターサイト(仮名)」

いいと思うんですけどねぇ……マジで誰かやってくれないかな。

僕の理想論に共感したあなたからの連絡を待ってます。

 

さて、それでは僕が現在提供できるスキルと、

求めているスキルを公開します。

共通点がありましたら、是非ともポートフォリオと共に、

ご連絡ください。

 

僕のポートフォリオはブログやYoutubeで可視化されております。

 

MAGUMAの欲しいスキル・モノ

・農地付き一軒家(できれば関西圏)

・ホームページ制作、オンラインサロンを運営できる人

・専属の動画撮影、編集者

・一眼ミラーレスカメラ

 

MAGUMAの提供できるスキル

・動画編集/アップロード/Youtubeチャンネル作成 ※アダルト系はNG

・フライヤー/CDジャケットデザイン(その他Youtubeアイコン/ヘッダーなど) ※アダルト系はNG

・文章制作(作詞/脚本/ブログ/小説など) ※アダルト系はNG

 

まだまだ模索中!

ご連絡はこちらです。

MAGUMAに連絡