日誌

「今年の夏は去年より暑いね」をまた今年も言っている

性懲りも無く、僕らは「今年は去年よりも暑い」

と、口を揃えて言っている。

 

去年の暑さを正確に覚えていないにも関わらず

さも夏のことをよく知っているかのように話している。

 

そう言っておけば

「なんとなく地球の変化を気にかけている人間」

に見えそうだからという、どこかしら自分のブランディングに

繋げようとしている節があるのかもしれない。

こんなことで格好がつくはずがないのは百も承知なのだが

それでもやめられないのが人間の性…なのかどうなのかは定かではない。

 

しかし、令和4年の夏は一味違うと、僕は思っている。

 

この暑さには、何か攻撃的なものを感じる。

日中の太陽による刺激はあまりにも強烈で

長時間、外にいると気が狂いそうなほど過酷な環境だ。

 

この鋭利な太陽光線は、人の肌を最も簡単に焼き尽くしてしまいそうである。

サマーバケーションどころの騒ぎではないが

こんな最中でもパーリーピーポー達は夏と恋愛を謳歌している。

彼ら彼女らの勇猛果敢な若さと情熱は

唯一この酷暑を凌ぐものなのかもしれない。

 

そんな僕は、冷房のある時、ない時を

行ったり来たりしている。

 

自然との調和を重んじようとしている身として

このテクノロジーに頼り切ったふしだらな生活を改善せねばと

日々精進しながら文明の力に万歳を繰り返しているのだ。

 

寒暖差の激しい時間を過ごしながら

程よく鼻を啜りつつ

今日もまた「今年の夏は暑いな」と

格好つけて話すのだった。

 

熱中症にはお気をつけて。

-日誌