歌手 空想アニメソング

FM那覇「MAGUMAのイマジナリーレディオ」が終了

MAGUMAです。
今日もお越しくださりありがとうございます。

昨年8月より開始した、MAGUMAが初めてパーソナリティーを務めたラジオ番組
「MAGUMAのイマジナリーレディオ」が、7月31日に最終回を迎えます。

決して揉めたとか問題があったわけではありませんので、その辺りをご理解いただいた上で安心して読み進めてもらえればと思います(笑)

FM那覇「MAGUMAのイマジナリーレディオ」が終了

一年の経験を経て「学んだこと」「感じたこと」

早いもので、今年の8月を迎えると、ちょうどイマジナリーレディオが始まって一年が経ちます!(早いよね)

初のパーソナリティーということもあり、企画から何からすべて、試行錯誤しながら実験・実践的に継続してまいりました。自分の武器でもある想像「空想アニメの考案力」をフルに活かすため、毎週ひと作品、空想アニメのあらすじを語る想像のコーナーなど、程よく自分にプレッシャーをかけながら録音、編集を続けてまいりました。

ネタやアイデアは、日常の何気ない一コマにたくさん隠れてることを学びましたし、日々アンテナを張り続けることの大切さも身に染みて体感できました。何度も何度も、ネタに悩まされてきたのも今となっては良い思い出です(笑)

編集も自分で行ったので、そういった細かな技術も、個人でやる分には何不自由しないくらいには上達しました。人間、やってみると意外とできちゃうものですね。

ここ最近は、自分ですべて管理することの大切さを様々な見解を見聞きしながら学んでいます。

アメリカではありませんが、やはり”自由”というメッセージは日本であっても意識していかなければならない課題だと思ってます。少しずつ、多様性が認められ始めてはいますが、まだまだ足りないのではないかというところが個人的な考えです。

今は個人が活躍できる様々なツールが大手メディアよりたくさん頭角を表してきていますが、そこに寄り掛かることだけがすべてではないのだと感じます。その大手が倒れても一人でやっていけるような、そんな戦略を立てていくことが重要だと思うのです。

自分がコントロールできるエリアで、どれだけ自分の技を磨き展開していくか。

この一年間、ラジオを自分で作りながら、一人で行うことの真意を肌身で感じることができました。

なぜラジオを辞めるのか

これは完全に自分のわがままなんですが、これからどんどん新しいことにチャレンジしていく上で、すべてを継続していくためには、まだまだ自分のキャパシティが足りないと判断しました。

現在進行形で、やることとやらないことの仕分けは進めてはいますが、イマジナリーレディオに関しましては、ちょうど一年という節目を迎えるので、このタイミングで退くことが最適だと思ったのです。

ただ、ラジオを辞めるのではなく、ここからまた前に進むための撤退です。

最後に

7月31日で最後になるイマジナリーレディオ。

最終回は、ガラッと構成を変えてお届けします。MAGUMAの魂を込めた一作をじっくりとお聴きいただきますので、最後の最後まで、どうぞお付き合いのほどよろしくお願い致します。

ラジオのアーカイブは、僕のYoutubeチャンネルに財産として残しておりますので、また聴きたくなった方はそちらからいつでもリスナー気分で聴くことが可能です。

チャンネル登録はこちらから

残りわずかですが、僕の想像世界をもうしばらくお楽しみくださいませ。

それでは今日はこの辺で。

-歌手, 空想アニメソング