空想アニメシリーズ

空想アニメ「ショウテンガイザー」

どうも、MAGUMAです。
歌手・作詞家・脚本家、その他もろもろ
いろいろなエンターテインメントを作り活動しています。

本日はどこにも放送されていないTVアニメ「ショウテンガイザー」をご紹介します。

過疎化の進む商店街を救うため、一人の男が立ち上がる物語です。

架空のアニメ「ショウテンガイザー」

あらすじ

若くして商店街の運営を任された主人公「天正海斗(てんしょうかいと)」は凄腕イベンターであった。これまで数多くのイベントを大成功に収めていた海斗にとって、廃れた商店街もすぐに復興できる!そうたかを括っていた。しかし、世代による食い違いや、近所にできる大型ショッピングモールにより、事態は一筋縄ではいかなかった。このままではいけない!そんな時、息子の描いたヒーローのイラストが目に入る。それは、商店街に光をもたらす存在「ショウテンガイザー」の姿だった。みんなが憧れるヒーローを作り上げ、あの頃の活気ある姿を蘇らせるため、海斗は自作でヒーロースーツを作り上げ、商店街を盛り上げる復興活動に身を投じてゆく。その存在が話題を呼び、わずかながら希望の光が見え始めた時、謎の組織「シャッター」が姿を現す。ショッピングモールからの手先か?はたまた商店街に恨みを持つ者のしわざか?そして過疎化は、世代の壁が原因なのか?同じ志を持つ者たちを、一つの場所につなぎとめるため、ショウテンガイザーの戦いが今始まる。

この作品について

これを想像するに至った経緯や細かな設定などを公開。

主人公「天正海斗(てんしょうかいと)

イベンターとして数多くの成功を収めている妻子持ちの主人公。個人で活躍する海斗のもとに「各地で過疎化の進んだ商店街を復興させてほしい」と依頼がやってくる。持ち前のアグレッシブさを活かして、さっそく最初の商店街へと赴く海斗だったが、小さなアーケードの中に潜む、派閥の多さに頭を抱えることとなる。高齢化社会と若き世代による壁。その上、近所に大型ショッピングモールが建設されることもあり、問題はますます酷くなる一方だった。そんな時、息子の描いたイラストを見つける。商店街を救うヒーロー「ショウテンガイザー」の描かれたその紙を見ながら、海斗はショウテンガイザーというキャラクターに扮し、活気を取り戻していく作戦を実行する。

ショウテンガイザーの能力

普通の人間であり、特殊な能力なし。コスチュームは海斗の嫁の手作りである。

謎の組織「シャッター」

ショウテンガイザーにより盛り上がってきた商店街に現れる謎の集団。その正体は、昔からその商店街を守り続けてきた高齢者たちとその賛同者。変化を受け入れきれない者たちは、ショウテンガイザーとは違う裏のヒーローを作り上げ、シャッター戦闘員「ゴースト」と成り果て、各商店街の復興の邪魔を仕掛けてくる。

誕生の経緯

商店街のイベントで歌わせていただく中で、やはり過疎化が進行していると口々に聞きます。
街中を歩いていると、至る所に商店街はありますが、活気付いている場所は多くはありません。

実際、その商店街の中でも世代による壁があったり、通りによっていろんな派閥があるらしいです。

動力化・自動車化によって、大型郊外店が進出するようになってから、
既に1960年以降から過疎化の波が押し寄せてきていたとのこと。

もともと、人で賑わい、活気のある場所にしたいという想いは一つだったはず。

世代も何も関係ない。そんな同志を繋ぐヒーロー「ショウテンガイザー」という存在が世に広まれば、商店街の在り方も変わっていくのかなと想い、想像した作品です。

ショウテンガイザーは一つの場所に止まりません。やがては全国の商店街を救うため、一つのエリアに活気を取り戻すと、その場所から姿を消し、再び別の商店街へと旅立ってゆきます。商店街専門のヒーローといった感じですね。

また、ショウテンガイザーは一人ではない。

何も天正海斗だけがショウテンガイザーではなく、その想いをもったその地区の誰かが、ショウテンガイザーとなり、その街の商店街を救っていくのです。しかしその反対に、謎の組織「シャッター」も一人ではありません。同じ志に賛同する者が各地にいればいるほど、ショウテンガイザーと同じく、シャッターも増え続ける。

このように、人の心は伝染していきます。ならばできるだけ、幸福な想いを伝染させていきたいものですね。

そこに人がいる限り、まだその場所は死んではいない。ショウテンガイザーを観て、心を通わせ手を取り合うことの大切さを思い出していただければ幸いです。

ちなみに、このTVアニメの放送予定はありません。

それでは今日はこの辺で。

-空想アニメシリーズ