架空のアニメ「モーコンバット・ムモー」



どうも、架空のアニソンシンガーMAGUMA(@maguma_info)です。

アニメ本編なし?架空のアニソンシンガーMAGUMAとは?

2019年1月24日

以前、「ハゲ」というお題をいただいて記事を書いた。
基本的に何かを書くとき作るときは、その情報に関する書物を最低でも5冊は読んで調べるようにしている。前知識があると、あらゆる妄想が頭の中で膨らんでいくからだ。ハゲについてはまだ調べ切れていない部分もあるが、本を読み漁っているうちに、ある架空のアニメを思いついた。

その名も「モーコンバット・ムモー」

全国のハゲたちに脚光を浴びせた勇気溢れるストーリーだ。
育毛業界を完全に敵に回すような物語となったが、そこは臆せず戦っていくとする。
それほどまでに闇深き世界なのだから、致し方ないことだ。

それでは妄想の世界へ誘うとしよう。
MAGUMAの頭の中へようこそ。

テーマ「ハゲ」についての記述その1

2020年3月9日

架空のアニメ「モーコンバット・ムモー」あらすじ

ハゲは男の恥である。それが世間の常識として蔓延している世界。主人公「無毛翔」は、正にその恥ずべき頭”ハゲ”の持ち主であった。ある時、街では薄毛に悩む男たちを救済する新たなビジネスが名を拡げていた。「もう、こんな頭とさようなら」と言うキャッチコピーを掲げ起ち上がった、育毛企業「ヘアイースター」が名を馳せる。その名の通り”髪の復活祭”と称しているだけあって、ヘアイースターを利用した顧客は、見違えるような変身を遂げて帰って来ることで話題を呼んでいた。ひとたび自分の髪を取り戻した者は、なんと人間性にまで変化が現れているという。翔もあの頃の自分を取り戻すべくヘアイースターへと来院し、さっそく治療を施してもらうことにする。しかし、頭に薬品を注入するその途中、翔は思いがけない事実に直面する。なんとヘアイースターは、特殊な物質を含んだ毛根を頭に植え込むことによって、ハゲたちを洗脳し兵器に変える、秘密結社「ハゲタカ」という悪の組織だった!危ないところでなんとか脱出に成功した翔だったが、薬品の影響を受けて、体が異常反応を起こす。そして翔は、驚異的なテストステロンの増殖によって得られる超人パワーと、頭より眩い光と破壊光線を放てる特殊能力を手に入れたのだ!ハゲを食い物にお金を稼ぎ、洗脳者たちによって日本を掌握しようとしているハゲタカに立ち向かうべく、無毛翔は、”ヘアレスウェポンズ”たちの洗脳を解き、共に戦うことを決意する。ハゲによるハゲのためのハゲしいバトルアニメーションが熱い火蓋を切る!戦え!モーコンバット・ムモー!ハゲよ、その頭で世界を照らせ!

この作品について

これを妄想するに至った経緯や細かな設定などを書いていこう。
最初に言っておくが、これは勇気の物語であることを忘れないでいてほしい。

主人公「無毛翔」

しがないサラリーマン。同僚のヒロイン「毛蒙ふさ子」に恋をしているが、ハゲには興味がないことを知り間接的失恋を受ける。なんの取り柄もない自分に悲観し、馬鹿にされる人生を送ってきたが、「ヘアイースター」の情報を知り、人生逆転に向けて一大決心。植毛へとチャレンジする。しかし、悪の秘密結社「ハゲタカ」の真実を知り脱出。途中まで注入されていた僅かな薬物の影響により、超人パワーと、頭より破壊光線と光を放てる特殊能力を手に入れる。打倒ハゲタカを決意し戦いを続けるうちに、自身の強さと本当の自分を見つけ、人としての魅力を取り戻していく。

ムモーの特殊能力

基本的には洗脳者”ヘアレスウェポンズ”と同じで、肉体強化と頭より放てる光、破壊光線である。初めのうちはまったく制御が効かないため、人知れず訓練に勤しむ。しかしハゲにも型があり、人の持つ型の違いによって能力に違いがある。

秘密結社「ハゲタカ」の由来

これはお察しのいい方ならすぐにお気づきだろう。「ヘアイースター」と名乗って、ハゲを…言わば戦意喪失してしまった者を食い物にして利用することから由来してつけた。その名の通り、鳥類のハゲタカのことである。おこぼれをもらうセコさや、ドラマでも潰れかけの企業をターゲットにするハゲタカファンドとして取り上げられた。

男性ホルモンに特殊な細胞を絡ませて、筋肉増強、超人パワー、おまけに完全なる洗脳を施し、金と最強の軍隊を手に入れようとする絶対悪。でも実は、ボスもカツラをかぶったハゲ。

ハゲによる自信喪失問題

勝ちハゲと負けハゲについては以前記事にも書いたが、世の中には多くの傷をおって最終的にハゲに戻った者も数多くいる。植毛技術の発達はどこまで進んでいるのかわからないが、化膿したり痒みがあったり、やはり人によってはまったく効果がないことも少なくないらしい。

おまけに一度植え込んだ毛根は抜くことができないものもあるみたいで、その場合は頭に胡麻のような形で残り続けるそうだ。カツラも定期的な手入れをしなければやはり痛んで来るらしく、維持費も馬鹿にならない。

人間は失いことが怖い。故に髪への執着は筆者の想像だにしないような想いがあるのだろう。だが、多額の費用をかけてリスクを背負うよりも、初めから”ハゲを着こなす”ことに力を注げばどうなるだろうか?

ハゲていてなにが悪い!そう胸を張った方が、より多くの同志を奮い立たせることができるのではないだろうか?

まだ髪のある僕が言ってもまったく説得力がないが、髪ごときで人間の価値は決まらない。下げているとすれば、それは”自分自身”だ。この作品は、そんな人間がぐっとくるような、勇気が湧き出てくるようなメッセージを盛り込んで考えた。まぁすべて妄想…架空なのだが。

最後に

もう一度言っておくが、これはすべて妄想である。しかし、ここまで考えたのでどこかのアルバムで架空のアニソンとして残す可能性は大いにあり得る。ていうか作りたい。いや、作る。

ブログのネタ集めのために募ったテーマだったが、このように僕の作品作りに生かせる場合もあるので、読者の皆様には引き続きテーマを募集したい。なんでもいい。コンタクトホームより送っていただけると嬉しく思う。

ハゲをファッションとして捉えられる方は是非とも挑戦してもらいたいし、やっぱり髪がないのは嫌だ!という人間を否定しているわけでもない。この記事は、来るべき自分のハゲた未来へのメッセージ…自戒の意味も込めて執筆している。いつの日か、ハゲは男の勲章と呼ばれていた大昔のように、もしかすると近い未来に、ブランドとしてのブームがくるかもしれない。時代は移り変わっていくものなのだから。希望を持って生きて行こう。

最後まで読んでくださりありがとう。心より感謝申し上げます。

いつの日か、モーコンバット・ムモーの主題歌を読者の前で披露できる日が来ることを願いながら、今日も明日も活動に励むこととする。そう、ハゲだけに。

ハゲよ、闇を照らせ。
その頭は世界を救う。

それでは今日はこの辺で。
ファイヤー!

テーマ「ハゲ」についての記述その1

2020年3月9日

MAGUMA情報

*架空のアニソンシンガー MAGUMAって?
自分の妄想でアニメソングを作り唄う架空のアニソンシンガー。
本編のないアニソンを武器に”夢はどんな形でも実現できる”と証明するため、全国各地を邁進中。

*活動記録などのつぶやきはこちら!
Twitter@maguma_info
https://twitter.com/maguma_info

*主に総括系を挙げてます!
Facebook@山中まぐま←本名(笑)
https://www.facebook.com/maguma.yamanaka

*MAGUMAの活動を映像で観れる!
Youtubeチャンネル「MAGUMA STUDIOS」
https://www.youtube.com/channel/UCIKX4w5o7EVF6xVR5HBZ4KQ/featured?disable_polymer=1

*MAGUMAのLINE公式アカウント(毎週火曜日20:00配信!)
「マグマ・イマジナリー・キングダム」(友達追加特典あり!)
https://maguma-fire.com/line





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アニソンシンガーになりた過ぎて勝手になってしまった男。 実在しないアニメの設定を考え、そこから主題歌、挿入歌、エンディングテーマを作り唄っている。 夢を追うより呼び寄せる「夢呼人」として、 人生を何でもアニメに見立ててアニソンを生み出している。 地域のお祭り、ライブイベント、その他様々なエリアで活動中。 夢は架空のアニソンで紅白出場。 キャッチコピーは「日本一呼びやすいアニソンシンガー」