日誌

一致団結の大切さを学ぶ映画撮影二日目

どうも、MAGUMAです。

Youtube映画の撮影二日目。元来われわれはステージに立って歌うシンガーです。それが、ほぼ知識ゼロという状態で、映画制作に挑んでおります。(役者さんは現役の方にも出演いただいてます)

知識ゼロ・人手ゼロ・信頼ゼロ

見事に3ゼロが揃ってしまっているわけですね。

 

これまでの人生ならここで引き返しているところが、なぜかそうはせず、前に進み続けています。こんな状態でも、創作活動が実行できてしまう…自分は本当にいい時代に生まれてきたんだなと身に染みて思います。

昔なんて撮影機材や編集技術を買うのにもっとお金がかかっただろうし、作品を無料で公開できるYoutubeのような媒体もなかった。

こんな無謀な挑戦は、間違いなく今だからこそできることであり、伝えたい想いを作品に乗せて、誰でも誰にでも届けられる時代に僕らは生きている。そして今は、それらを仲間と共有できる便利なツールも沢山あります

今日も現場で四苦八苦しながら撮影に挑みました。正直、なかなか意思が疎通できないこともあります。なぜか監督と脚本家の僕がカメラを回しています。なぜか脚本家の僕もカット割を考えています。なぜか役者に指示も出しています。映画用カメラではなくiPhoneで撮影しています。めちゃくちゃ大変です。監督の金髪が目立ちます。顔の赤さも目立ちます。でもすごくいい人です。熱い魂を持って挑んでいます。まっすぐです。みんなまっすぐです。

まっすぐなピースたちが作る世界に一つだけの映画です。

僕はこの作品を、早く観てもらいたくてたまりません。なので明日からも、すこしでも良くなるように尽力していきます。ゼロだからこそ、1を作れる。”一致団結”それが合言葉。

ここで得た教訓をしっかり持ち帰り、想像の糧にしようと思いました。

明日も顔晴りまーす。
それでは今日はこの辺で。

-日誌