日誌

居倉健さんのソロコンサートへ行ってきた

どうも、架空のアニソンシンガーMAGUMAです。
昨夜は超絶凄腕ギタリスト「居倉健(@ikuraguitar)」さんのソロコンサートへ行ってきました。

三ノ宮にある北野バー「ピックアップ」さんへお邪魔しました。

とてもお洒落な空間の中、黒のスーツに身を包んだ居倉健さんがお出迎え。
適度な緊張感を味わいながら、彼のギター演奏を楽しみました。

3種類のギターを使い分けながら、オリジナルやカバーを演奏。
曲ごとにテーマや想いを丁寧に説明してくださり、頭の中で情景をイメージしながら聴くことができた。

どこの指から音を出しているのか?音数と指の動きが一致しねぇ!
どんなに慎重に観ても動きが読めない、まるで手品を見ているようでした。

こんなに終始リラックスモードで堪能できたのも、ひとえに居倉さんがギター奏法を追求し続けた上で得た技術力や表現力があったからこそ。そして何よりも「居倉さんなら大丈夫」「居倉さんだから観に行く」という”信用”から成り立つものなんだと思いました。

刺激のあるLIVEって、自分の創作意欲を沸き立たせてくれます。昨夜は心から「良い音楽を聴いたなぁ」と思える内容でした。居倉さん、ありがとうございました。

実は居倉さんとは、3rdアルバム「王子飛翔」で絡みます。

お楽しみに!

それではまた。

居倉 健(いくらけん)

コンポーザー(作曲家)、ギタリスト。幼少期にピアノで音感を養い、その後ギターを習得。
ゲーム音楽や映画BGMに影響を受け、10代の頃より作曲活動とソロギターでの演奏活動を開始する。

ロックからヒーリング音楽まで得意とする曲調は幅広く、DADGADチューニングなどを用いたそのアグレッシブな演奏スタイルは、国籍を問わず一度聴いた者の心に鮮烈な印象を残す。

天性の音感の良さ、抜群のアレンジセンスを活かし、シンガーや弦楽器のサポートギタリストとしてもその評価は非常に高い。

2008年BIG CATで開催されたPOWER LIVE CONTESTで最優秀プレイヤー賞受賞。
2009年 オリジナル曲"PlayGround"がアシックスのウェブCMタイアップ曲として採用され、ギタリストとしてだけではなく作曲家としても大きな評価を受ける。同年、ギターメーカーTAKAMINEとモニター契約を結ぶ。

2011年、『アコースティックギターマガジン』に”押尾コータローが注目する五人のギタリスト”として掲載される。同年、動画投稿サイト「ニコニコ動画」に投稿したゲーム音楽のギターアレンジ動画がデイリーランキング1位を獲得。

2013年、島村楽器とギターメーカーTAKAMINEとの共同開発モデルDMP50Sの商品説明デモ演奏奏者に抜擢される。

同年、『アコースティックギターマガジン 2013年4月号(リットーミュージック)』のザ・フィンガースタイリストのコーナーに見開き2ページに渡ってインタビュー記事が掲載され、オリジナル曲「CARAVAN」のタブ譜&CDが付録となる。作曲・編曲活動としては、ラジオ番組やイベント会場(平清盛関連イベントなど)でのテーマ曲、BGM制作等を手がけている。

インストゥールメンタルロックユニット蛇道-JADOH-音語り座マカロン、フルートとギターによるインストユニットFairy taleのメンバー。

2013年8月、4年振りのソロアルバム『ROOTS』を全国リリース。

居倉健「Studio Green Room(スタジオグリーンルーム)

-日誌