架空のアニソンシンガーMAGUMAとは?

実在しないアニメの設定を考え、そこから主題歌、挿入歌、エンディングテーマ…
”本編のないアニメ” ”どこにも放送されていないアニメ”の曲を作り歌うシンガー。

架空(妄想)ならではの大胆で独創的な世界を武器に、全国のお祭りや野外イベントに出演。
本物のアニソンシンガーとの共演も果たすなど、活動の幅を広げている。

代表曲「焼肉王子」の完成をキッカケに、架空のアニソンのフルアルバムやシングルを発売。
年に一度は大型ワンマンコンサートを行うなど、その勢いはとどまることを知らない。

アニメを知らない人でも楽しめる

聴くだけでアニメを観た気分になれる

夢の掴み方は自由だとわかる

夢を追う勇気をもらえる。

本物のアニソンシンガーよりも”呼びやすい”

自分が何を目指せばいいか迷っている人、内気な人たちに勇気を与えたい。
そんな人たちを導く存在になることをビジョンとし、現在も全国各地至る所で歌っている。


経歴

2012年、父親「リピート山中(ヨーデル食べ放題作詞作曲)」に見出され、架空のアニソンシンガーとしてデビュー。代表曲「焼肉王子」を携え、活動をスタートさせる。1stアルバム発売後、2015年には神戸ファッション美術館オルビスホールにて生演奏によるソロコンサートを成功させる。2017年にはチキンジョージワンマンを成功させ、2ndアルバムを発売。その後2018年には全国ワンマンツアーを決行し、大阪にてツアーファイナルを行った。自らアニソンを作り唄う”妄想のエキスパート”として、夢はどんな形でも必ず実現できることを証明するため邁進している。
自称”日本一呼びやすいアニソンシンガー”

関連記事

アニメ本編なし?架空のアニソンシンガーMAGUMAとは?

夢から挫折、そして鬱になったときのお話。