阪急岡本にできた謎のカレー屋「YEEHAW」に行ってきた。



どうも、架空のアニソンシンガーMAGUMA(maguma_info)です。

カレーは家庭の味である。

「今晩何食べたい?」と母親から聞かれたときは、迷わずに「カレー!」とよく叫んだものだ。

その記憶が正しいものなのか捏造したものなのかは置いておくとして、今回は兵庫県にある阪急岡本駅北口改札から徒歩1分ほどの場所にあるカレー屋「YEEHAW」について書こうと思う。

「YEEHAW」兵庫県神戸市東灘区岡本5-2-5 岡本コミンカ内

ぶっちゃけて言うと、ここは僕の音楽関係のお仕事で出会った知人のお店である。

しかし贔屓をしてブログを書いたわけではないことを証明したい。

そのお店のカレーの拘りには、書かざるを得ないほどの美味しさ、楽しさが詰まっていたのだ。

他にも居心地の良さ、諸々のメリットを発見したので、ご紹介したいと思う。

これを読んだら「YEEHAW(ヒーハー!)」りたくなること間違いなしだ。

古民家をリノベーションした静寂の空間。

岡本駅に到着し北口改札を出ると、一呼吸している間についてしまうほどの近さにその店はある。

周囲には様々な古民家をリノベーションしたお店が密集しており、YEEHAWもその中の一軒だった。

古民家の雰囲気には癒しの効果があると思っている。

経験したことがないはずなのに感じる、あの独特なノスタルジー。

その空気が、既に入口の辺りから漂っている。一度中に入れば「お帰りなさい」と言う母親の声が聞こえてきそうだ。

YEEHAW入口

中に入ると落ち着いたアンティークでオシャレな空間が広がっていた。

これだけの内装にリノベーションするのに、相当なエネルギーを注いだに違いない。

カウンター7席・4人テーブル1卓・テラス2人テーブル2卓の計15席。

そしてなんと、電源あり、Wi-Fiありで、読書やデスクワークも行えるカフェとしても利用できるのだ。

程よい広さと静けさが居心地の良さを表す、最高の空間だった。

店主はプロのデザイナー。味覚と視覚を拘り抜いた独自のブランド。

早速僕はカレーを頼む。

ここにきてカレー以外のものを頼むわけがない。

YEEHAWメニュー表

約5種類のカレーの一覧があった。選ぶのに丸一日かかったような気がする。

ポケットモンスターで、最初の3匹のどれかを選ぶ感覚に似ている。

実際、それぐらいどれにするか悩んだのだ。

悩み抜いた末に、女性人気のあるという「海老とあさりのマスタードカレー」を食べることに決めた。

海老とあさりのマスタードカレー

ご覧いただいた通り、まず僕が最初に抱いた感想は「美しい」だった。

カレーと言えば、ルーとライスが半々に分かれているイメージが強い。しかしここのカレーは、トッピングへの拘りが群を抜いていた。

そして肝心の味だが…

絶品だった。

文句なしの味付けである。

豪快に入っている海老とパクチー、そして仄かに広がるマスタードの味わいが絶妙だった。

 

実はここの店主、もう一つ兼業で「プロのデザイナー」として働いているのだ。そう考えれば、納得のできである。

盛り付けの色合いで視覚を楽しませて食欲を促進し、様々な具材を的確な位置に配置することによって、色んな味を随所で楽しめるというもの。

クリエイターに出来る技が、カレーに宿っていた。

 

ちなみに、このYEEHAW(ヒーハー!)という名前は、カウボーイが牛を追う時の掛け声が由来だそう。

そして、辛いものを食べた時の「ひぃー!はぁー!」にもかかっているそうだ。

そういうセンス、嫌いじゃないわ!

そして、名前に因んだ香辛料も用意されている。物足りない方は、こちらをルーに混ぜて食べると更に熱くなれる。お試しあれ。

香辛料「ヒーハー」

ちなみに、一個でもかなり辛くなります。

八百万のカレーを食べた男が生み出したカレーたち。そこにはデザイナーとしての「社会の役に立ちたい」想いも込められていた。

店主は各地のカレー屋を巡り、自身のメニューをずっと考え続けていたという。

ご年配の方が楽しめる味や、僕が食べたカレーのような女性に人気のあるもの。老若男女、全ての方に楽しんでもらえる商品を産み出していた。

どこからそんな意欲が湧き出してくるのか?食後、僕はしばらく店主とお話をさせていただいた。

店主はプロのデザイナーとして「人の役に立つ」ため、常に模索し実行し続けているという。それは東北支援であったり、商店街の活性化だったり、形は様々だ。

その想いを聞いて「何かを作る」ことが出来る存在の偉大さ、そして可能性を感じた。

クリエイターは、誰かの支えになる作品を生み出すことができる貴重な人材なのだ。僕もいち音楽家、架空のアニソンシンガーとして、もっと社会にできることがあるのではないか?

店主の想いのこもったカレーを食べ終え、静かにそう思うのであった。

要するに「YEEHAW」はいい店!絶品カレーを食べたいなら阪急岡本へ!

このお店は出会いの場にもなり得る。

カレーを楽しみに行くのはもちろんだが、よければ店主とゆっくり会話をして欲しいと思う。

そこから何かをヒントを得たり、新しい出会いに繋がったり、視界が広がることだってる。実際、僕もそれを初日で体験した。

まだ一品しか食べていないので、今後もまた来店し、他の味も楽しもうと思っている。

 

僕の記事を見て行った方は是非とも

「MAGUMAさんのブログを見て来ました。」と言ってみるといい。

そうすると

「そうですか。」

と返ってくるだろう。

 

しかし、そこから話が進んで思わぬ展開が待っているかもしれない。

それはもう、ワクワクするような何かが。

「YEEHAW」という店には、食欲を満たすだけじゃない価値が宿っている。

 

MAGUMAのオススメするカレー&カフェ「YEEHAW

あなたも体験してみてください。

 

ファイヤー!ヒーハー!

 

店名 カレー&カフェ ヒーハー (YEEHAW)
ジャンル カレーライス、カフェ
お問い合わせ 078-940-1517
予約可否 予約不可
住所 兵庫県神戸市東灘区岡本5-2-5 岡本コミンカ内 大きな地図を見る 周辺のお店を探すこのお店は「神戸市長田区駒ヶ林町1-17-23」から移転しています。
※移転前の情報は最新のものとは異なります。移転前の店舗情報を見る
交通手段 岡本駅から75m
営業時間・
定休日
営業時間11:30~20:00(L.O.)日曜営業定休日月・火(変動あり)営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
予算 ¥1,000~¥1,999 ¥1,000~¥1,999
予算(口コミ集計) ¥1,000~¥1,999予算分布を見る
支払い方法 カード不可電子マネー可

席・設備

席数 15席(カウンター7席、テーブル4席、テラス4席)
個室 無 
貸切 不可 
禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場
空間・設備 オシャレな空間、落ち着いた空間、オープンテラスあり、電源あり、無料Wi-Fiあり
携帯電話 docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

ドリンク カクテルあり

特徴・関連情報

利用シーン 家族・子供とこんな時によく使われます。
ロケーション 隠れ家レストラン、一軒家レストラン
お子様連れ 子供可(未就学児可、小学生可)、ベビーカー入店可
ドレスコード カジュアル
公式アカウント  https://www.facebook.com/yeehawcurry/ https://www.instagram.com/yeehawokamoto/

※食べログ様より。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アニソンシンガーになりた過ぎて勝手になってしまった男。 実在しないアニメの設定を考え、そこから主題歌、挿入歌、エンディングテーマを作り唄っている。 夢を追うより呼び寄せる「夢呼人」として、 人生を何でもアニメに見立ててアニソンを生み出している。 地域のお祭り、ライブイベント、その他様々なエリアで活動中。 夢は架空のアニソンで紅白出場。 キャッチコピーは「日本一呼びやすいアニソンシンガー」