仕事を全て”1000円”で引き受けると言ったことについて



どうも、架空のアニソンシンガーMAGUMA(@maguma_info)です。

アニメ本編なし?架空のアニソンシンガーMAGUMAとは?

2019年1月24日

さて、先日こんなことを口にしました。
来年2020年12月まで、お仕事を全て1000円でお引き受けします。と。

発言してから数日経っていますが、冷静になった今でもなんの後悔もしていません。今の自分に必要なことだと思って公言した。寧ろ、言ってよかったという感情の方が大きいです。僕は、人間はいつでも軌道修正ができる生き物だと信じていますし、それに遅すぎることなんてないことも信じています。早くても遅くても、切り替えることが大事だということも。

目先の利益に必死になって囚われていた音楽活動を見直したい。
凝り固まった思想をほぐしたかった。

まだ正せる。そう思い立った一人のシンガーの考えです。

確認してほしい依頼条件

まずこのキャンペーン…明らかにMAGUMAが損するよね?うむ、確かに!(笑)
なので、比較的プラスマイナスゼロになるような仕組みを設定させていただきました。
条件は以下のようなものです。

 

  • 遠征の場合、往復の交通費・宿泊費・必要な場合は食費も別途負担していただきます。
  • カラオケとマイクを使用しますので、その設備が整っていること。
  • 物販が可能であること
  • 作詞のみなら1000円ですが、作曲の場合はアレンジャーに依頼するので別途費用がかかります。
  • 明らかに損しかしない条件やただのデート、そして悪質な案件だと感じた場合はお断りさせていただきます。
  • このキャンペーンは2020年12月までです。それ以降は通常料金で営業致します。

 

以上になります。
一番最後に関しましては一見すると傲慢だと思われるかもしれませんが、至極当然なことです。自分のためになる企画だと思って始動していますが、そこにつけこんだ悪質な依頼だと見抜いた場合は問答無用でお断りします。僕のお客様に限ってそんな方はいないと思うので大丈夫だとは思いますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願い致します!

(何でも屋にしてしまうとレンタル彼氏みたいになるのでその辺の線引きもします!)

駆け出しで”やるべきだったこと”

まず、このキャンペーンを始動する前にご依頼、そして通常のお支払いをしてくださったクライアントの皆様には申し訳ないと思っています。自分の価値を下げたらダメだというご指摘もいくつかいただきました。

でも、僕自身はこれが価値の下がる行為だとは思っていません。それよりも、このままいつも通りの活動をしていくことが価値の低下に繋がることを恐れたのです。

架空のアニソンシンガーを始めたのは7年前、僕はすでにリピート山中のサポートで音楽のお仕事をしていたこともあり、お金をいただいて音楽をするということが当たり前の環境で育ちました。これは非常に恵まれていたことでしたが、この経験が自分の思考力を低下させてしまったことも事実です。

どうすれば架空のアニソン活動で食べていけるようになるのか?どうすれば誰もが応援したくなるような存在になれるのか?何よりも、人として”他者に貢献する気持ちが明らかに欠落している”と感じたのです。それも随分昔から。だからこそ、今一度駆け出しだった頃の状態に戻り、やり直したいと思った。

たくさんライブに出て、たくさん交流をして、たくさん現場で学んで、たくさん知ってもらう。

一年間だけ、周りの波に乗っかってみることにしました。
ただし、自分のオールだけは手放さずに。

貢献しながら思考力を高めたい

1000円キャンペーンではお手伝いもお引き受けしています。スタッフであったり引越しのお手伝いであったり草むしりであったり。他者に何かしらの貢献をする喜びと大切さを学ぶと同時に、どうすれば自分はこの活動で生きていくことができるのかを模索する思考力を高めたい。

解決策を考えずに言い訳や文句を言っている人をたくさん見てきました。僕もそうでした。でも、考えて実行していけば次第に心も豊かになるはずなのです。これは僕自身が経験し、学び得たことです。

やりたいことをやる!心を豊かにするための勇気について思う

2019年10月24日

綺麗事かもしれませんが、本当の豊かさはお金では味わえない美しいものがあります。
お金があれば確かにやれることは増えますし、そういった意味では収益を増やすための挑戦もたくさんやっています。しかし本当に大切なのは”いかにやりたいことにワクワクして取り組めるか”に尽きると思っています。今回は、そのやりたいことが1000円キャンペーンだったわけです。まぁさすがに食っていけないんでアルバイト始めましたが←

さすがに食っていけないのでアルバイトを始めました。

2019年10月15日

自分のためにもなって相手のためにもなること。
そこを踏まえてからお仕事に努めると、不思議と意識も変わってきます。

僕には妄想力・想像力という武器があるので、このキャンペーン中にその武器を研ぎ澄ませながら学んでいきます。やり直せる絶好のタイミングが”今”だったのです。

最後に

「それをやるには遅すぎる」こんな言葉、他人から言われたら腹立ちませんか?(笑)お前に何がわかるねん!と。僕から言わせたら”遅すぎるなんて言葉は糞食らえ”ですね。汚い言葉ですが←

遅いか早いか、結局のところ決めるのは自分自身なんです。
他人の意見を聞くことは大事ですが、そこからどう進むかを決めるのは僕自身です。
軌道修正は、本人の熱意さえあればいつでもやっていいんです。恥ずかしいことではありません。

僕はまだ今年31歳になる若造だし、まだまだ男はこれからって年齢なのでいくらでも挑戦できると思ってます。今回のこのキャンペーン…他者の言う”自分の価値を下げる行為”も、乗り越えれば必ず自分の未来に花を咲かせることのできる試練だと胸を張って言えます。

結果が出るのは遅いか早いか…なにせ時間のかかる活動です。達成するまで戦い続けるし、やり遂げて掴み取ったその姿を見て、誰かのハートを刺激できればなお嬉しい。とにもかくにも、僕はまだまだ諦めません。

是非ともお気軽に依頼してください。
細かな条件など、メールにて相談を承っております。

それでは今日はこの辺で。
ファイヤー!

クラウドファンディング実施中!

架空のアニソン「俺の名前はトイレガマン」ミュージックビデオ化企画に何卒ご支援ください!

【架空のアニソン】MAGUMAのクラウドファンディング開始!

2019年10月1日





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アニソンシンガーになりた過ぎて勝手になってしまった男。 実在しないアニメの設定を考え、そこから主題歌、挿入歌、エンディングテーマを作り唄っている。 夢を追うより呼び寄せる「夢呼人」として、 人生を何でもアニメに見立ててアニソンを生み出している。 地域のお祭り、ライブイベント、その他様々なエリアで活動中。 夢は架空のアニソンで紅白出場。 キャッチコピーは「日本一呼びやすいアニソンシンガー」