僕がこれまでのエリアから完全に離れた理由




世界へ羽ばたくエンタメッセンジャーのMAGUMAです。
今日もお越しくださりありがとうございます。

僕はもともとネガティブな人間なので今日はネガティブな記事を書きます。
あ、でも最終的にはポジティブかもしれません。あと、今日は支離滅裂なのでご理解ください。

人は日常の中で何万という数の決断をしてると、どこで聞いたかは忘れましたがどっかで聞いたことがありまして、おそらくこんな僕でも、これまでめちゃくちゃいろいろな決断をしてきたと思うんです。それは、朝起きて、トイレに行くか水を飲むかどっちにしよう?とか、そんなことも含めて。

中でも、ここ一年は特に、重要な決断をやり続けてきました。

僕はこの数年間、ずっと活動を続けてきたエリアから一切の関係を切りました。
まだ借りを返しきれていない部分だけは残してますが、それ以外はすべてです。

あと、うまくいかないだろうなぁ〜と感じ始めたプロジェクトも中断しました。
新しいことを始めるために、身軽になって取り組めるようにするためです。
いつまでもパンパンのリュックサックだと、新しいアイテムを詰め込めませんからね。
(ネトゲでもインベントリがいっぱいになったらアイテム捨てるでしょう?)

これらの決断は少しばかり強引に行ったこともあったため反感も多いかもしれませんが、
僕自身は何一つ、一ミリも後悔をしていません。むしろ正しい判断であったと今でも思います。
ほとんどの場合、後にずるずるひきづりますが、今回はそれはありません。

普通に考えて、自分にとって悪い影響しかない場所を退くことになんの罪もありませんよね?
太陽の当たらないところで畑を耕していても何も育たない…というか芽が出たとしてもそこでしか育たない命にしかならないと思ったので、僕は畑の場所を別の場所に移しましたよ〜って、要はこういうことなんです。まぁ今は畑ではなく王国を築こうとしてますが(それはそれで問題?)

別に、成果が出なかったことを場所のせいにしてるんじゃない。それは僕の力不足で、その世界を選んでしまった判断が間違っていただけの話。僕が反省・後悔しているとしたらそこだけです。

今回の話は、場所を変える決断を否定した人たちに書いてます。

僕は正直なアーティストでありたいと思ってます。だからフリーで歌手活動をしています。金の力で抑えつけられたり、好きでもないものを好きだと言い続けるような芸術活動には反吐が出ます。あくまでも僕個人の意見ですが、MAGUMAはそうありたいと想うのです。

このブログだってそうです。もう変に自分を飾った記事を書くのはもう辞めて、もっと素直に、正直な気持ちを書いていこうと思い直しました。それがどれだけネガティブなものだったとしてもです。

人にエンタメを披露しているにも関わらず、僕は内気だし根暗だし、人から見たら近づきづらい存在でしょう。これはよく言われてきたことなので自覚してますし、それを治そうといろいろな努力を続けてきましたが、からまわって失敗ばかりしてきました。

これまで、誇れるような活動はできていなかった。
だからこそ、僕は捨てる覚悟を持って決断したんです。

ギャラをいただいて音楽活動をすることが普通だと思うのですが、それは違うのでしょうか?
自分の芸能活動は、価値のある活動だと胸を張ることは間違っているのでしょうか?
ネガティブな人は、エンタメをやっちゃダメなんでしょうか?

僕のこれまでいた場所は、仕事として当然の発言をすると冷ややかな目線で見られるような場所です。

申し訳ありませんが、僕にはお金を払って呼んでくださるクライアントがたくさんいます。

無料だのなんだの、友情出演だの都合の良い言葉を作って、
気軽に呼べるような存在だと思われたくないのです。

そんな場所にホイホイ出てること自体が、ギャラを支払ってまで僕を呼んでくれているすべてのクライアントの気持ちを踏み躙ってしまっているような気がしてならない。だって、支払ってくれた人が無料で歌ってるのを見たら「あ、この人お金払わなくても出てくれるんだ」って思っちゃいませんか?

お金お金というと何故か汚い発言だと思われる我が素晴らしき国「日本」ですが、購入するために商品にお金を払うことは当たり前の話です。小学生でもわかります。だから親にお小遣いをねだるのです。

だから僕は、その価値をわかってくれる世界を探すことを決めました。もちろん、完全なるゼロからのスタートになりますし、この価値をさらにさらに高価なものに引き上げるための努力もしています。

誰かを傷つけてまで下したものを「良い決断」とするのは果たして横暴なんでしょうか?
僕としては、他人の決断を変に否定する人こそ横暴だと思いますがね。

確かにやり方は間違っていたかもしれない。でも、誰も傷つけない方法なんてありますか?恩はその場その場で返してきたし、これ以上何を返せと言うんでしょうか?個人的にまだ返しきれていないものに対しては継続していますが、それも終わればそれまでです。

人間のストレスの大半は、対人関係によるものだと今となってはよくわかります。

友達だのなんだの、そういった「いたほうがいい」という固定概念に、自分はこれまで錯覚していただけなんだと目が覚めました。

これまでもこれからも、僕に友なんて必要ありません。環境を変えてチームというものには所属していますが、メンバーであって、僕は友達とは思ってません。残念ながら、僕はそういう人間なんです。

自分の行きたい世界へ行くために、僕はメンバーを利用する。
反対に、彼ら彼女らが、僕のことを利用してもらってもいい。

その分、他の人たちが僕を利用することによって多くの利益、収穫を生み出せるように、僕はどんどん影響力をつける。そのために、低い波動の人たちと一緒にいないことを選んだだけのことです。僕はネガティブですが、実力も価値も未来もあるネガティブなので、一緒にしないでください。

そもそも、本当に友達だと思っていたら、僕から遊びにも誘うはずだし、僕から近況報告もするはずです。これまでも自分から送ることも少しばかりありましたが、その行動自体が続いていないことを思い返すと、かなり無理をして自分を演出していたんだなと後悔してます。

あ、別にみんなが嫌いというわけじゃないんです。
ただ、人に興味が持てないだけなんです。たぶん、今の時代なら病名がつくレベル。

僕はネガティブだと言いましたが、志は誰よりも上です。
失敗はあれど、それも自分なりの成功を掴み取るための勉強なので、日々収穫があります。

もうこれ以上、後悔する芸能活動は続けたくないし、今後は今まで以上に対人関係、そして自分の芸と向き合って生きていこうと思っています。

誰がなんと言おうと、僕が決めたことは「僕の中の立派な良い決断」です。

人それぞれの中に自分の世界があるように、僕は僕の世界を今後も展開していきます。
いつかこれらの発言が、説得力のある言葉に変わる日まで、ひたすら上をむき続け、必ず結果を出す。

僕はもう戻らない。

な〜んちゃって。

想像で世界を変える!
ファイヤー!

MAGUMAの情報

MAGUMAって?

”想像力で世界を変える”をモットーに活動している歌手。
歌手としては、実在しないアニメの設定を考え、そこから主題歌・挿入歌・エンディングテーマ
通称「架空のアニソン」を作り歌う、架空のアニソンシンガーとしても活動中。

その他、脚本家・作詞家・ゲーム実況など
様々なエンターテインメントで人々に笑顔を届けている。

MAGUMA STUDIOS代表”MAGUMA”とは?

2021年3月30日

MAGUMAへの個人スポンサー

イマジナリー・キングダム発展のため、僕の活動やブログ記事、
歌の動画で感動いただけましたら、活動の支援をお願い致します。

・PayPay銀行
支店名/ビジネス営業部(ビジネス)
口座番号/5330237
名義/MAGUMA STUDIOS 山中まぐま

・PayPayマネーによる支援
PayPayホームから『送る』をタップしてMAGUMAのPayPayID(maguma999)宛に『残高を送る』
(**PayPayマネーライト、PayPayボーナス、PayPayボーナスライトの3つによる寄付は許されていません**)

現在の活動

*MAGUMAのYoutubeチャンネル
・MAGUMA STUDIOS(毎週火曜日夜22:00~生配信中)
https://www.youtube.com/channel/UCIKX4w5o7EVF6xVR5HBZ4KQ

・硝子のおっさんチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCtW1zf2LylPz9hKeBaFfAFQ

*MAGUMAのLINE公式アカウント&メルマガ(毎週火曜日20:00配信!)
「マグマ・イマジナリー・キングダム」(友達追加特典あり!)
https://maguma-fire.com/line

*楽曲ダウンロード販売
イマジナリーストア
https://maguma.thebase.in