僕はミスターやれるマン



どうも、架空のアニソンシンガーMAGUMA(@maguma_info)です。

僕はミスターやれるマンだ。

「俺ならやれる!」

「俺はできる!」

いつも出かける前に手を合わせ感謝しながら口にしている言葉だ。

例え今は力がなくとも、鼻で笑われようとも、僕は自分がやれることは胸を張って主張する。

実際に誰かに笑われたとかそんなことではない。ただ、これまで生きて来た人生の中で、目には見えない何者かに気を遣い、発言を控えていた自分から卒業したいと思ったのだ。

元々は声優・アニソンシンガーになるべくこの芸能の道に入った。だが、気づけば自分の妄想力を武器にして戦う”架空のアニソンシンガー”となっていた。

なんでもやれる時代だからこそ、なんでもやれることを証明するために奮闘しなければならない。夢は必ず自分の手で勝ち取ることができるのだと。

僕の場合は、幼少より鍛え上げられた妄想力をフル活用し、在りもしないアニメの設定をでっち上げ、曲を作り披露する。

そしてこの力を、より多くの人たちへの貢献に使えると確信した。

世界には価値ある情報がたくさんある。しかしインターネットが普及し、多くの情報が嵐のように吹き荒れる時代だ。誰にも届いていない多くの真実が、埋れた状態になっていることに気が付いた。

そんな情報を、架空のアニソンに乗せて届けることはできないか?

今現在、MAGUMAが取り組んでいる音楽活動は、そういった発信者と協力関係を結び、価値のある情報を大勢に、尚且つ楽しく、パフォーマンスにして届けるというもの。ケトン体を知ってもらうため、ケトンの架空のアニソンを作ったのもその活動の一つだ。

ケトン体!糖質制限促進!「ケトン〜時代が君を求めてる〜」

2020年2月28日

自分は今まで何の役にも立たない人間だと思っていた。誰にも好かれる事のない人生をずっと送り続けると思っていた。「キモイキモイ」と言われ続けた中学生時代。ただここで生きているだけの平凡な生活、それが当たり前のことなのだと脳が麻痺してしまっていた。

そんな自分でも、誰かの役に立てるのだ。

人は明確な目標ができるだけで、言葉と行動も変わって行くものだ。
自分の味方になってあげられるのは自分だけなのだ。

僕のような鈍い男には、それを理解するまで多くの時間を要した。

人の考えなどコロコロ変わって行く。だけどそれでいいじゃないか。
変わるということは、自ら行動をして学びを得ている証拠である。

今日、美容院に行って来たのだが、美容師にこんなことを聞かれた。

「MAGUMAさんの1番の武器は何ですか?」

一昔前の僕なら、言葉に詰まっていたことだろう。でも、今はもう違う。僕は一言、こう言った。

「妄想です。」

そう、僕は”妄想のエキスパート”だ。

架空のアニソンシンガーMAGUMAにしかできないこと。
そして、架空のアニソンシンガーMAGUMAだからこそ、誰かを喜ばせられること。

やりたいことを仕事にすることで世界を希望の光で包めるのなら、僕は恥を忘れて堂々と口にする。

「俺ならやれる!」

「俺ならできる!」

だって僕は、ミスターやれるマンだもの。

言ったからには、今日も明日も、妄想にふけるのみ。
もちろん、妄想するだけでは終わらない。それが架空のアニソンシンガーなのさ。

それでは今日はこの辺で。
ファイヤー!

アニメ本編なし?架空のアニソンシンガーMAGUMAとは?

2019年1月24日

MAGUMA情報

*架空のアニソンシンガー MAGUMAって?
自分の妄想でアニメソングを作り唄う架空のアニソンシンガー。
本編のないアニソンを武器に”夢はどんな形でも実現できる”と証明するため、全国各地を邁進中。

*活動記録などのつぶやきはこちら!
Twitter@maguma_info
https://twitter.com/maguma_info

*主に総括系を挙げてます!
Facebook@山中まぐま←本名(笑)
https://www.facebook.com/maguma.yamanaka

*MAGUMAの活動を映像で観れる!
Youtubeチャンネル「MAGUMA STUDIOS」
https://www.youtube.com/channel/UCIKX4w5o7EVF6xVR5HBZ4KQ/featured?disable_polymer=1

*MAGUMAのLINE公式アカウント(毎週火曜日20:00配信!)
「マグマ・イマジナリー・キングダム」(友達追加特典あり!)
https://maguma-fire.com/line

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アニソンシンガーになりた過ぎて勝手になってしまった男。 実在しないアニメの設定を考え、そこから主題歌、挿入歌、エンディングテーマを作り唄っている。 夢を追うより呼び寄せる「夢呼人」として、 人生を何でもアニメに見立ててアニソンを生み出している。 地域のお祭り、ライブイベント、その他様々なエリアで活動中。 夢は架空のアニソンで紅白出場。 キャッチコピーは「日本一呼びやすいアニソンシンガー」