映画「父親たちの星条旗」ざっくり感想

MAGUMAです。

前回、映画「硫黄島からの手紙」を鑑賞したので、

姉妹作品でもある、クリント・イーストウッド監督作品「父親たちの星条旗」を観ました。

 

※僕のレビューは、作品から読み解いた個人的思想・メッセージを公開していきます。

 

関連記事:映画「硫黄島からの手紙」ざっくり感想

 

太平洋戦争中、硫黄島で繰り広げられた日本軍とアメリカ軍の壮絶な戦い。

その、アメリカ側を描いたのが本作品。

 

主人公の息子が、過去に兵士として戦った老人たちから、

話を聞いていくことで物語が進んでいきます。

 

硫黄島に立てられたアメリカの国旗が写真に収められたことにより、

戦争の裏で、政治的動向が生々しく進行していくのが、人間の愚かさを語っています。

 

アメリカは、まだ戦争が終わっていないにも関わらず、

国旗を立てた兵士たちを「戦争で勝利した英雄」と大々的に売り出し、

国民に国債を買わせるためのマーケティングを計画します。

簡単に言うと、国レベルのヒーローショーを企てました。

 

すべては、戦争で流れる資金を確保するために、

主人公含める兵士たちは、一時国へと帰国させられたのです。

 

華々しく英雄として讃えられる背景には、

泥臭い戦場とは裏腹に、事実とは異なる嘘で利用されていく

兵士たちの違和感が随所に演出されていきます。

 

硫黄島からの手紙」と同じく、

何のために戦っているのかわからなくなっていく

人間の混乱している姿が”戦いの不要さ”を物語っているように感じます。

 

皆、物事を単純に考えたがる。善と悪、英雄と悪人、

どちらも大勢いるが、大概はそんなに単純なものではない。

 

”英雄”とは必要に迫られて、人が作るのだ。

 

この二つの台詞の中には、それほどまでに人間は単純なことでしか

物事を判断できない存在だという痛烈なメッセージが込められていると個人的に想う。

 

僕らは複雑な存在だからこそ、日常生活を送る上で様々な障害に遭い、

そして成長していく…にも関わらず、こと戦争に関して言えば、

事実に蓋をされたドラマチックな大義を見せられ、

いとも簡単に表面上の情報に感化されている。

 

そこで何が起こっているのかを、誰も見ようとしないし、

想像しようともしない。

 

真実を見ようともしない国民的心理を利用する、

真実を知る者の政治的思想は、現代にも訴えかけるアンチテーゼだ。

 

どこが勝ち、どこか負けたかなどという、

それこそ単純な言葉で解決してしまってはいけない課題だと感じます。

これは子供の喧嘩でもゲームでもなく、人類全体が「エゴイスティック」な

側面に敗北した証明であり教訓なのです。

 

戦争こそが全人類の敗北的な歴史だと言うこと。

 

だから繰り返してはいけない、だから風化させてはいけない。

悪い記憶を覚えていなくてはならないわけではなく、教訓を残すことが大切なのだと想う。

 

英雄として讃えられる主人公たちは、パレードや祭典の中でも、

戦場の記憶がフラッシュバックしていきます。

 

そこには、死んでいった仲間の姿と、

戦地と言えども楽しかった思い出も残っている。

そこには、確かに絆も存在したのです。

 

自分たちが見て体験した熾烈な戦いが色鮮やかに正当化されていく、

その矛盾した光景に吐き気をもよおしていく姿は、見ていてどこか辛いものがあります。

 

実際、硫黄島の戦いでは、圧倒的に不利な状況に立たされていた日本軍よりも、

アメリカ軍の死者が数を上回っていたと言います。彼らの傷跡は物質的なものだけではなく、

深く精神面にも刻み込まれてしまった。

 

「硫黄島からの手紙」「父親たちの星条旗」

両作品は、本来持っているスペックをオーバーしたために

機能不全を起こした人間の姿が見事に表現されています。

 

個人的に印象に残っているシーンは、

ラストの息子と主人公のやりとりです。

 

戦争から数十年後、未だ悪夢にうなされる老人となった主人公は、

「あいつはどこにいった?」と、仕切りに同じ言葉を繰り返します。

 

それは、自分がそばから離れたために、

戻った時には姿を消し、見つけた時には無惨に殺されていた友の記憶からかと思いました。

息子は「彼は死んだんだよ」と優しく伝えてあげます。

が、主人公は「お前を探していたんだよ」と話すのです。

 

あの日、友を助けてやれなかった自責の念と、

大切な存在を失うかもしれない恐怖感が、

愛する息子とリンクしてしまったのかもしれません。

 

僕らはもう一度、本当に大切なものは何か、

その本質と突き詰める必要があると感じました。

 

「父親たちの星条旗」

ぜひ、ご鑑賞ください。

 

今の幸福に乾杯。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

父親たちの星条旗【Blu-ray】 [ ライアン・フィリップ ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2022/2/16時点)

楽天で購入

 

 

 

MAGUMAへの個人スポンサー

イマジナリー・キングダム発展のため、僕の活動やブログ記事、
歌の動画で感動いただけましたら、活動の支援をお願い致します。

・PayPay銀行
支店名/ビジネス営業部(ビジネス)
口座番号/5330237
名義/MAGUMA STUDIOS 山中まぐま

・PayPayマネーによる支援
PayPayホームから『送る』をタップしてMAGUMAのPayPayID(maguma999)宛に『残高を送る』
(**PayPayマネーライト、PayPayボーナス、PayPayボーナスライトの3つによる寄付は許されていません**)

現在の活動

*MAGUMAのYoutubeチャンネル
・MAGUMA STUDIOS
https://www.youtube.com/channel/UCIKX4w5o7EVF6xVR5HBZ4KQ

*グッズ
イマジナリーストア
https://maguma.thebase.in