歌詞投影型LIVE「Features Lyrics」に出演して想ったこと



どうも、架空のアニソンシンガーMAGUMA(@maguma_info)です。

先日、歌詞投影型LIVE「Features Lyrics」に出演してきた。
読んで字のごとく…と言ってもピンとこない方もいると思うので簡単に説明する。

要するに、背面にプロジェクターで歌詞を映しながら、歌を歌うというライブイベントだ。

一見すると「なんだ、ただ歌詞が流れるだけか。」と思われるかもしれないが、音楽の土台部分を改めて知ることのできる貴重な内容だった。

初見の方には導入しやすく、ファンの方には再発見してもらう。
双方違った楽しみ方を味わえる新たな取り組みだった。

僕は主催ではないが、音が聞こえない方でも楽しんでいただけるイベントを作りたいという想いに感銘を受け、二つ返事で出演を決めた。

架空のアニソンシンガーMAGUMAは、できるだけベタにわかりやすい作品を作っている。しかしアーティストのスタイルによって抽象的な音楽があるのも確かで、それがまた魅力を引き出しているのも昨今の音楽を聴いていて強く感じている。

何を言っているのかわからない。
あの人の歌声は歌詞が聴き取れていい。

上記のような感想を聞くことはザラである。音楽の形に答えはないし、聞こえなくとも肌で感じたままに酔いしれるのも悪くないだろう。かく言う自分も、メロディーだけで純粋に楽しめてしまう人間だ。

音楽制作で一番人柄が出る部分は歌詞だと思う。

今回のようなイベントは、シンガー渾身のパフォーマンスを楽しむことはもちろん、歌詞に注目し人間性を感じ、より深い世界の中に入っていただけるものなのではないか。

歌詞を間違えると速攻バレるという恐ろしいリスクもあったが、それは普段から間違えないように訓練しろという話である。おまけに僕は、スクリーンの大きさを計算しきれず、思いの外文字が小さくなってしまったミスに大いに後悔している。映像に凝りすぎたが故の空振りだった。向かう矛先は、常に狙いを定めておかなくては…無念。ちなみに、歌詞は間違えていない。

話を戻す。

常に歌詞に耳を傾けている人も中に入るが、そうではない人には是非とも観に来ていただきたいイベントだった。おそらく、また次回の開催も検討されていると思う。というより、いろんなところで同じようなイベントをやってほしい。

どんな人にも、楽しむ権利がある。

ならば、僕ら演者やライブハウスは、常に新しいエンターテイメントを模索し実践していくのが仕事だ。活動がマンネリ化したと感じているのなら、違うことをやってみることが一番だと僕は思う。

その人の綴った想いを観て、聴いて、そしてもっと僕らのことを知ってほしい。
ミュージシャンとファンの心の距離がほんの少し近くなる。そんな可能性を感じたイベントだった。

この経験を経て、歌詞制作ともう一度しっかり向き合っていこうと決めた。
これまで以上に、文章に力を入れていこう。もちろん、このブログも然り。

そして何よりも、次回はちゃんとスクリーンサイズを合わせ、大きな文字で提供できるよう努めよう。(見難くてごめんね

会場のclub MERCURY様。
共演してくれた桜咲真理さん、AGATAさん。
そしてお越し下さった皆様、ありがとうございました。

音楽で世界平和を築ける時代はもう近い。

それでは今日はこの辺で。
ファイヤー!

MAGUMA情報

*架空のアニソンシンガー MAGUMAって?
自分の妄想でアニメソングを作り唄う架空のアニソンシンガー。
本編のないアニソンを武器に”夢はどんな形でも実現できる”と証明するため、全国各地を邁進中。

*活動記録などのつぶやきはこちら!
Twitter@maguma_info
https://twitter.com/maguma_info

*主に総括系を挙げてます!
Facebook@山中まぐま←本名(笑)
https://www.facebook.com/maguma.yamanaka

*MAGUMAの活動を映像で観れる!
Youtubeチャンネル「MAGUMA STUDIOS」
https://www.youtube.com/channel/UCIKX4w5o7EVF6xVR5HBZ4KQ/featured?disable_polymer=1

*MAGUMAのLINE公式アカウント(毎週火曜日20:00配信!)
「マグマ・イマジナリー・キングダム」(友達追加特典あり!)
https://maguma-fire.com/line





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アニソンシンガーになりた過ぎて勝手になってしまった男。 実在しないアニメの設定を考え、そこから主題歌、挿入歌、エンディングテーマを作り唄っている。 夢を追うより呼び寄せる「夢呼人」として、 人生を何でもアニメに見立ててアニソンを生み出している。 地域のお祭り、ライブイベント、その他様々なエリアで活動中。 夢は架空のアニソンで紅白出場。 キャッチコピーは「日本一呼びやすいアニソンシンガー」