バースデーワンマン終演…31歳の朝を迎えた男の想い



どうも、架空のアニソンシンガーMAGUMA(@maguma_info)です。

アニメ本編なし?架空のアニソンシンガーMAGUMAとは?

2019年1月24日

約2年ぶり?に開催した自身のバースデーワンマンが昨夜終演致しました。
こういったイベントに関しては色々と想うことがあって、実は意図的に開催していませんでした。
今日はお礼も含めて、その理由についてもお話ししようと思います。

結果として、開催してよかったと心から思いました。
僕は今喜びと感謝で満ち溢れています。

まずは初めに、お越しくださった皆様。
そして会場のローカーボ・バルDAYZ様に深く御礼申し上げます。
ありがとうございました!

承認欲求の塊である自分を認めたくなかった?

無駄にプライドの高い人間って損をすることが多い。機会損失も多々ある。これがかなり痛い。
かく言う僕もその中の一人です。誕生日イベントを自分で開催し、しかも来てくれる方にお金を払わせて「お祝いして!」ってなんやねん!とずっと思ってきたのです。

はじめの方は僕も何度かやったことがあったのですが、いつからかその制度に疑問を感じて、それからまったくやらなくなってしまいました。周りのシンガーたちは近しい同業者を招いて生誕イベントを頻繁にやっていました。シンガーそれぞれの誕生日がバラバラだから仕方ないのかもしれないけれど、とにかくこの手のイベントの多いこと多いこと。

悪いことではないのです。
ただ、どうすれば自己承認欲求を満たすためだけのイベントにならないかとずっと考えてきました。

結論としては
”お祝いにきたはずのお客様がそれを忘れるほど楽しんでもらうこと”
が一番の恩返しなのだと気づきました。

こんな簡単なことに気づくまで2年かかったのです。
プライドの高すぎる頑固人間は、こうやって機会損失を犯してしまうものなのだと実感しました。
要するに、自分が承認欲求の塊であることを認めたくなかっただけなのです。

心の奥では、お祝いしてほしい〜かまってほしい〜ってずっと思ってたってことですね(笑)
あ〜もったいねぇことしたなぁ…

なぜ今やろうと思ったのか

答えは簡単です。
「お祝いしてほしい」「かまってほしい」
と素直に感じたから、その自分を受け入れただけのお話(笑)

31歳になるわけだし、これからの自分にもっと期待してほしいという想いも込めて開催しました。
今年は読書も含めて色々な勉強に投資してきたので、お祝いに来てくれた人に対し、逆に何かを与える側になるための実践もしたかった。

あと、今年はローカーボ・バルDAYZさんでアルバイトもさせてもらっているので、いつもお世話になっているDAYZさんに少しでも貢献したかったのも理由のひとつです。

さすがに食っていけないのでアルバイトを始めました。

2019年10月15日

やる場所があること、そして来てくれる人がいることへの感謝がより深まる貴重な時間となりました。

架空の絵本「大きな川の渡りかた」

さて、今回から新シリーズが始まりました。
その名も架空の絵本。

絵本自体は存在しませんが、僕が作った物語を皆様へ読み聞かせをするといった内容です。
ゆくゆくは録音して、Youtubeのチャンネルにアップロードしていく予定のものですが、せっかくなので生で初披露してみました。これは、山口県パストラルホールで開催した「リピート山中の茶がゆラジオ」にて共演した元NHKエグゼクティブアナウンサー「村上信夫」さんの絵本読み聞かせからインスピレーションを受けたからです。

LIVEやYoutubeでのMAGUMAの新しいコンテンツを作りたかった。
架空のアニソン同様、聴き手それぞれが頭の中でヴィジョンを浮かべて楽しめるうってつけの企画だと感じたのです。

大変好評だったようなので、今後も新しい作品を生み出しながら、LIVEでの生披露…そしてYoutubeでの公開を継続していこうと思います。

今後の展開をお楽しみに!
これで学校公演とかもしたいなぁ。

ファン同士の交流の場

今まで欠けていたものがもうひとつ。
それは、交流会というものです。

ファンミーティングともいうのかな?
何にせよ、ほぼほぼやったことがないものでした。

今回は二部に忘年会パーティーをつけたのですが、一番学びの多かった時間かもしれません。僕のファンの皆様は、こういった場も望まれてたのかな?と感じました。僕とお話できるのはもちろんですが、それよりももっと大切だなと思えたことがあります。それは、ファン同士の交流です。

僕に会いにいく!以外にも楽しみがあってもいいのではないか?
あの人がいるから、一緒にLIVEに行ける!そういった場所作りを今までやったこなかった。
そんな空間を生み出す機会を損失をしてしまったように思えたのです。機会損失のダメージは凄まじい←

なので2020年からは、交流の場をもっと増やしていこうと思います。
やっぱり応援隊は多ければ多いほど心強いしね。

一致団結した合いの手はすごく爽快だった!
マグマ・イマジナリー・キングダムに栄光あれ!(宗教)

最後に

色々と話しましたが、結局は来てくださった皆様に感謝感激雨あられということです。
本当にありがとうございました!

人に勇気を与えるための影響力をつけるため、31歳になってもやることに変わりはありません!
やりたいことは何でも仕事にできる!誰でも夢はつかみ取れる!僕のLIVEで元気を取り戻せる!
そんなメッセンジャーになるために、今日も明日も邁進するのみ!

今年の戦いはまだ終わっていません。
2019年後半は健康志向急上昇のため、年末にインフルエンザで倒れたまま年越しをするジンクスも今年はあり得ない!たぶん!←

皆様も最後の最後まで、楽しい2019年をお過ごしくださいませ。
どうもありがとうございました!

それでは今日はこの辺で。
ファイヤー!

MAGUMAのSNS情報

*架空のアニソンシンガー MAGUMAって?
自分の妄想でアニメソングを作り唄う架空のアニソンシンガー。
本編のないアニソンを武器に”夢はどんな形でも実現できる”と証明するため、全国各地を邁進中。

架空のアニソンシンガーMAGUMA(@maguma_info)
*ブログ・スケジュールならここ!
ホームページ「人生はアニソンだ」
http://maguma-fire.com

*活動記録などのつぶやきはこちら!
Twitter@maguma_info
https://twitter.com/maguma_info

*主に総括系を挙げてます!
Facebook@山中まぐま←本名(笑)
https://www.facebook.com/maguma.yamanaka

*MAGUMAの活動を映像で観れる!
Youtubeチャンネル「MAGUMA STUDIOS」
https://www.youtube.com/channel/UCIKX4w5o7EVF6xVR5HBZ4KQ/featured?disable_polymer=1

*MAGUMAのLINE@(出演情報更新中!)
公式ファンクラブ「マグマ・イマジナリー・キングダム」
http://nav.cx/pRhKps6

※このURLをタップまたはクリックすると、架空のアニソンシンガー MAGUMA公式を友だち追加できます。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アニソンシンガーになりた過ぎて勝手になってしまった男。 実在しないアニメの設定を考え、そこから主題歌、挿入歌、エンディングテーマを作り唄っている。 夢を追うより呼び寄せる「夢呼人」として、 人生を何でもアニメに見立ててアニソンを生み出している。 地域のお祭り、ライブイベント、その他様々なエリアで活動中。 夢は架空のアニソンで紅白出場。 キャッチコピーは「日本一呼びやすいアニソンシンガー」