Netflix海外ドラマ「アーカイブ81」シーズン1のざっくり感想

Netflixオリジナルドラマシリーズ

「アーカイブ81」を一気見しました。

※僕のレビューは、作品から読み解いた個人的思想・メッセージを公開していきます。

 

ヴィッサーと呼ばれる集合住宅で起こった謎の火災。

その原因を調べるべく、LMGと名乗る企業が、一人のアーキビスト(永久保存価値のある情報を査定、収集、整理、保存、管理し、閲覧できるよう整える専門職 Wikipedia参照)に、火災現場から採取されたビデオテープの修復を依頼するところから、話が始まります。

 

当時、大学生のメロディは、その建物の歴史と謎を探究するために居住し、ビデオテープを回していました。彼女の記録が、そこで何が起こったのかを知る、唯一の手がかりだったのです。

 

主人公のダン(アーキビスト)は、依頼人であるダベンポートにより、山奥の要塞のような隠れ家へ案内され、テープの修復作業は、ここでやれと指示を受けます。

 

ダンは半信半疑のまま、テープの修復、視聴を繰り返していくが、次第に、そこから巻き起こる謎の超常現象に巻き込まれてゆく。そしてヴィッサーの火災事件が、過去、ダンから家族を奪った放火事件と関連性があることを知ります。

 

というのが、大まかな作品の流れです。

 

ミステリー要素が強めな作品かと思いきや、ホラー的な演出が多い作品でした。

そして、どこか宇宙的な原因がチラついています。

 

というのも、作中に出てくる謎現象の原因たる存在が”宇宙人的な何か”だからです。

 

それ以前に、テープを修復する仕事があるってことにまず「へぇ〜!」ってなったんですが(笑)

ダンはそのテープを修復し、内容を確認するごとに様々な違和感を目撃していきます。

 

その演出がとにかくめっちゃワクワクするのです。

 

どういうこと? どういうこと?

視聴者をこのループに迷い込ませたら、海外ドラマとしては成功なのかな?

 

どこかしら、ジャパニーズホラーの影響を受けているような演出が多いこともあって、

結構、ヒヤッとしたり、ドキドキするシーンが多いです。見た後、ちょっと怖くなります。

 

黒魔術と宇宙、そして人間的な恐怖がバランスよく混ざったドラマでした。

 

ダンとメロディ、二人の主人公に共通しているのは、

どちらも、親の真実を追い求めているところです。

 

あの日、あの時、いったい何が起こったのか?

その謎が解き明かされていく展開に、観る人の心が揺さぶられます。

 

日常に刺激の足りない方にオススメな作品です。

 

Netflixオリジナルドラマ「アーカイブ81」

是非ともご視聴ください。

 

MAGUMAへの個人スポンサー

イマジナリー・キングダム発展のため、僕の活動やブログ記事、
歌の動画で感動いただけましたら、活動の支援をお願い致します。

・PayPay銀行
支店名/ビジネス営業部(ビジネス)
口座番号/5330237
名義/MAGUMA STUDIOS 山中まぐま

・PayPayマネーによる支援
PayPayホームから『送る』をタップしてMAGUMAのPayPayID(maguma999)宛に『残高を送る』
(**PayPayマネーライト、PayPayボーナス、PayPayボーナスライトの3つによる寄付は許されていません**)

現在の活動

*MAGUMAのYoutubeチャンネル
・MAGUMA STUDIOS
https://www.youtube.com/channel/UCIKX4w5o7EVF6xVR5HBZ4KQ

 

*グッズ
イマジナリーストア
https://maguma.thebase.in