「どうせ男だから…」と諦めきれない男性シンガーの決意表明

どうも!架空のアニソンシンガーMAGUMA(maguma_info)です!

読者の皆様は、アーティストのLIVEに足を運ぶことはあるだろうか?

それも有名なアーティストではなく、街中にある小さなLIVE HOUSEで行われている名も無きアーティストのイベントへ…。

  

正直、僕もこの音楽活動を始めるまでは行ったことがまったくなかった。

何故なのか?それは怖かったから…いや、それ以前に、知らなかったのだ。

 

夜な夜な(昼開催もあるが)開かれているLIVEイベント。

そこには星の数ほどの名も無きアーティストが夢を追ってパフォーマンスしている。

もちろん、趣味で活動をしている者もいる。

  

その中で、地下サブカル男性シンガーという枠組みがある。

彼らは日夜悩んでいた。それは、集客・物販・それらを含める人気についてだった。

  

「今日も人呼べんかったわ…」

「まぁ楽しかったからええんちゃう?」

  

・長蛇の列が並ぶアイドルの物販の横で、誰一人お客のいない自分の店を構えている男性シンガー。

・予約リストに記入する名前のない男性シンガー。

・アイドルのファン「男性」の前でしかパフォーマンスする機会のない男性シンガー。

  

彼らの中には、半分諦めムードが漂う。そして僕も、その中の一人になりかけていた。

 

しかしそこで、LIVE HOUSE「ClubMercury」のオーナー兼マスターが一つの企画を立ち上げた。

 

それは…

界隈で活動している男性シンガーを集め、互いを戦わせるという内容だった。

高みへ行きたい男性シンガー達の戦いが始まる。

OML 4/23(火)開幕戦

対戦カード

<ナスフィックリーグ>
Atsushi vs ジョン・ムハンマド
魂☆レッド!! vs 水無瀬 紀柳

<セントナスリーグ>
刹那 vs ダイヤのJ
MAGUMA vs 桜華

open / start 19:00 / 19:30
ticket ¥500+1d¥500☆女性、学生は1dのみ

  

これから話すのはこの戦いの真意と、架空のアニソンシンガーMAGUMAの決意表明である。

感動いただけたなら、是非会場へ足を運び、支援していただく思います。

俺たちの活動「オレカツ」が開催する「オレカツマーキュリーグ」OMLとは?それは男たちの意識を高め、フィールドを盛り上げるためのバトルリーグだった!

さて、上記で画像をあげたメンバーが競い合うわけだが、正直に言おう。

いや、こいつら誰やねん

と、誰もがそう思っているはず。そう、そうなのです。だから彼ら(僕も)は苦悩しているのです。

認知されることもなく、ただひたすらLIVE HOUSEで歌い続ける男性シンガーたちである。

  

今回、この男性シンガーのシーンを盛り上げようと奮闘してくれたのは、先程も紹介したLIVE HOUSE「ClubMercury」のオーナー兼マスター「奈須田 臣亮」の計らいだった。

 

要するに、彼はもう見かねていたのだ。

足掻こうとせず、諦めている男性シンガーたちを。

  

だが、その反対に「厳選したこの男たちならきっと脱出できる」という希望も抱いていた。その最後の希望を「オレカツマーキュリーグ」通称OMLというリーグ戦に託したわけだ。(メンバーに選ばれててよかったぜ…)

オレカツマーキュリーグのシンボル

昔はよく聞いていた話だが、近年ここまでアーティストと真摯に向き合ってくれるLIVE HOUSEのマスターはとても稀有な存在だ。

そんな彼が、「このリーグで盛り上がらなかったら、もう男性シンガーに見切りをつける」覚悟で挑んでいる。これは、いち男性シンガーとしても黙ってはいられなかった。

  

大海で優勝する以前に、井の中ですら優勝できない程度では情けない。

  

架空のアニソンシンガーである前に、一人の男として、僕はこの戦いに挑むことを決意した。

  

奈須田さんの気持ちはブログでしっかりと綴られている。

とても熱くなる文章なので、是非読んでいただきたい。

関連記事:「開幕1カ月前。」

  

リーグ戦において勝負に勝つためには「パフォーマンス」「歌唱力」「メッセージ」はもちろんだが、ここでもやはり課題となっていくのが「集客力」だ。その場に集まったお客様のポイント制により勝敗が決まる。つまり、自分のファンを多く集めれば集めるほど、より勝機が上がるということだ。

  

ここからは、このリーグのルールを細かく書いていこうと思う。

オレカツマーキュリーグ…通称OML…そのルールとは??

さっそくルールを説明しようと思う。

が、さすがに自分の解釈で説明して齟齬が発生するとマズイので、ここはオレカツブログからルールをコピーペーストさせてもらうこととする。

決して手抜きではない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<システム説明>

OML出演者は全部で12組。

その12組を各6組ずつ、2つのリーグ(セントナスリーグ、ナスフィックリーグ)に分けます。

対戦は1組の演者が同リーグ5組と1回ずつ試合する総当り形式。

計5試合を消化したら前半戦が終了。

12組を再シャッフルして後半戦5試合を行います。

計10試合が終わると、各リーグの上位3組による決勝トーナメントへ。

最終的に各リーグの優勝者が決勝戦を戦い、勝ち抜いた1組が優勝となります。

長きに渡る戦いを勝ち抜いた優勝者への景品は

<試合形式>

それでは、具体的にどのように進行していくのかを説明していきます。

まずは試合形式から。

勝敗決定はこちら。

勝敗によってポイントをゲットできます。

計10試合を戦って各リーグのポイント上位3名が決勝トーナメントに進出します。

画像では1曲勝負って書いてますが、間違いです!

決勝トーナメントも予選リーグと同じく2曲勝負です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上がルールとなる。

お分りいただけただろうか?勝敗は、その場にいるお客様の挙手で決まるということです。

つまり、出場する演者たちも何がどうなるのかまったく予測ができません。

反則だ!と思っても、お客様がそう思わなければ、それが勝利ということになります。

すべでを決めるのはオーディエンス次第ということです。

  

ここで注目すべきなのは次だ。

なんと、お客様にもメリットのある特典が追加された。

  

皆勤賞の方にも会場無料レンタル権が授与される!

しかもそれを、推しメンに捧げることも可能!

その他にも、勝者予想を的中させることにより獲得できるブロマイドまで…

詳しくは、上記画像の内容を今一度ご確認くださいませ!

夢は架空のアニソンで紅白歌合戦へ出場…そのために乗り越えたい試練の壁

売れている人、人気のある人を妬む気持ちは大いにわかる。

しかし僕はその道を引き返し、戦う道を選びました。

 

勝利とは、挑戦し戦った者にしか与えられません。

挑戦することなく「なんかやってるわ(笑)」と嘲笑する立場はもう卒業しました。

  

宝クジも、買わねば一生当選しないのです。

 

小さな世界で勝てない男が大きな世界で勝てるわけがない。

いつもそう胸に言い聞かせてます。

  

架空のアニソン…実在しないアニメの設定を考え、そこから主題歌、挿入歌、エンディングテーマ…要するに、どこにも放送されていないアニメの歌を作り歌い続けて今年で7年を迎えます。

関連記事:アニメ本編なし?架空のアニソンシンガーMAGUMAとは?

そんな僕には大きな夢がある。それは

  

架空のアニソンで紅白歌合戦へ出場することです。

  

ただ出場したい!というだけでなく、まだ誰も成し遂げていない…いや寧ろ

そんなことができるわけないからやる前から諦めていることを僕が達成してやりたいのです。

夢は追い求めるだけでなく、自分から呼び寄せていくのが新時代を生きていく一つの要素になると思ってます。僕はその一つの要素を達成することにより、後続する人たちの道導となりたい。

  

「俺のこの架空のアニソンでもできるんだ!お前たちもついてこい!」

  

胸を張ってそう言いたい。

では、そのためにはどうすればいいのか?

それは、どんな小さなことでも、目の前の戦いに挑戦していくことだと僕は信じています。

  

その乗り越えるべき壁の一つが、今回のOMLなのです。

極限まで高ぶった熱い魂、それを表現できるのは現場だけ…だからこそ観に来てほしい!

演者というのは悲しいもので、いくら最高のパフォーマンスを作り上げて披露しても、観に来るお客様がいなければ何の意味もないのです。

なので、毎回毎回「どうすればみんな来てくれるのかな…」と苦悩の日々を送っています。これは、男性シンガーに限った話ではなく、あらゆる職業に共通している議題だと思います。きっと、一生付きまとってくる悩みなんです。

が、まずはこのOMLに多くのお客様にご来場いただきたく思います。

もちろん、僕のパフォーマンスに挙手をしてほしい。しかし、これは勝負。

面白くなければ手を挙げる必要はないのです。僕を観に来たから僕に挙手をする必要性などまったくありません。

  

良いと思ったシンガーに手を挙げてください。

  

かっこをつけているわけではなく、僕は、フェアな戦いを望みます。

それだけです。

   

おそらく、この地下と呼ばれる界隈でのこういった戦いは、これが最後となると思います。

口だけで終わりたくないので、必ず結果を出して勝利を掲げます。どの相手にも、敬意を評して誠心誠意挑むつもりです。

  

優勝者には2020年2月中、いずれも会場費を無料で使用できる権利が与えられる。僕は、この機会に架空のアニソンシンガーとしての間口を更に広げたいと思った。なので…

   

僕が優勝したら、ドリンク代のみで入場できる特別祝賀ワンマンライブの開催をここに宣言します!

  

開幕戦は4月23日。

初戦は僕とは正反対のパフォーマンスをするアーティストと戦います。

この記事を読んで、少しでも心が揺さぶられた…そんな方は、何卒応援に駆けつけていただきたく思います。

  

それでは、情報のおさらいです!

4月23日(火)オレカツマーキュリーグ開幕戦 詳細

OML 4/23(火)開幕戦

対戦カード

<ナスフィックリーグ>
Atsushi vs ジョン・ムハンマド
魂☆レッド!! vs 水無瀬 紀柳

<セントナスリーグ>
刹那 vs ダイヤのJ
MAGUMA vs 桜華

open / start 19:00 / 19:30
ticket ¥500+1d¥500☆女性、学生は1dのみ

【タイムテーブル公開】

19:30-20:00 魂☆レッド!! vs 水無瀬 紀柳

20:00-20:30 刹那 vs ダイヤのJ

20:30-21:00 Atsushi vs ジョン・ムハンマド

21:00-21:30 MAGUMA vs 桜華

5月8日(水)オレカツマーキュリーグ 2回戦目 詳細

対戦カード

齊藤 淳 vs MAGUMA

Atsushi vs 玉岡マサノブ

ジョン・ムハンマド vs 古鉄まひろ

刹那 vs MAGUMA

審判:ひえだちか(水玉ストライプ)

open / start 19:00 / 19:30 adv / door

¥500+1drink¥500 ☆女性、学生はチケット代無料

5月14日(火)オレカツマーキュリーグ3回戦目

[セリーグ]ダイヤのJ vs MAGUMA

[ナリーグ]玉岡マサノブ vs 水無瀬 紀柳

[セリーグ]桜華 vs 刹那

[セリーグ]T-face vs MAGUMA

op/st 19:00/19:30 adv/door ¥500+1d¥500 ☆女性、学生はチケット代無料

ご予約は、当ホームページのお問い合わせより受け付けております。

勝負と言えど、主役はお客様です。

楽しんでいただくためのパフォーマンスを、演者一同作り上げて披露致します。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

  

俺たちの活動…オレカツ、ですが

僕自身は

  

オレが勝つ=オレカツ

  

で挑みます。

 

よろしく!

ファイヤー!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーグ出場メンバー

(リンク先のオレカツブログに各演者の紹介文が掲載れています。)

  

【ナスフィックリーグ】

Atsushi

ジョン・ムハンマド

玉岡マサノブ

魂☆レッド!!

古鉄まひろ

水無瀬 紀柳

【セントナスリーグ】

桜華

齊藤 淳

刹那

ダイヤのJ

T-face

MAGUMA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アニソンシンガーになりた過ぎて勝手になってしまった男。 実在しないアニメの設定を考え、そこから主題歌、挿入歌、エンディングテーマを作り唄っている。 夢を追うより呼び寄せる「夢呼人」として、 人生を何でもアニメに見立ててアニソンを生み出している。 地域のお祭り、ライブイベント、その他様々なエリアで活動中。 夢は架空のアニソンで紅白出場。 キャッチコピーは「日本一呼びやすいアニソンシンガー」